対となるもの (ついとなるもの)(設定)

対となるもの゙の原理は古来よりバルト教が伝え広めたもの。
正義と悪、光と闇、天と地・・・と言うように、
全てのものには必ず対となるものがあり、どちらかが消えると 対となるものも消える・・・つまり、
先ほど挙げたものがお互いにバランスを取り合うことで 世界が成り立っているという考え方。

 製作者・飛翔氏は「対となるもの」について次のように語っている。

「"対となるもの"の原理は、バルト教が伝え広めてきたものなので、 現在バルト教の大教皇であるカシエルがそれを語ることは、
 いたって自然なことなんですね。」

「光があれば 闇もある」というカシエルのセリフこそ対となるものなのである。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-01-01 (金) 02:39:53 (3270d)