概要

ローイス(ろーいす)は、忘れられた手紙星屑の記憶に登場する、中央大陸の西側に位置する国家。

国名

正式名称は「ローイス王国」(公式サイト参照)。だが、hebineko氏が運営する「hebinekoのホームページ」にある忘れられた手紙の攻略ガイドでは、ローイスの国名はローイス国」となっている。

政治

ローイスは基本的に国王であるダクト・ローイスが治めている。忘れられた手紙の時代では、隣国ガーデスとの戦争をしているが、
最新作星屑の記憶ではガーデス王とNerv創始者ディアスの死により、戦争は終結している。

地理

ローイスは中央大陸の西に位置し、南北に長い国土を持っている。そのため、北は豪雪地帯、南は砂漠地帯となっている。人種も様々である。

王城である「ローイス城」は南部の砂漠地帯にある。南部にはその他に霊魂の洞窟、砂漠の町ウォースが存在する。中部には港町シーランド、関所があり、北部にはワンセル村、思いやりの塔がある。

言語

主に共通語が使用されるが、「ローイス語」という独自の言語が存在する。ただし現在では殆ど使われず、ローイス語を話すことが出来るのはローイスの老人くらいである。

関連項目


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-01-01 (金) 02:39:51 (3520d)